ひらかた防災学校


【報告】2/22(日) ひらかた防災学校 ~ みんなの避難所作り~


 

*ひとりでも多くの人の今の状況に意識が届くように


 

 要援護者(災害弱者)は 自分の身の回りにもいらっしゃいます。

 家族、近所、友人 など~。

 

 

 特に 以下で 太字にしている方々を意識してみると、実際 たくさんの方々が自分以外の人からの

 何らかのサポートを求めていることに気づかされます。

 


 *情報不足、コミュニケーションが困難な方

  視覚障害・聴覚障害・音声言語障害、外国人・ひきこもりの若者独り暮らし学生旅行者 等

 

 *一人での移動が困難な方

  肢体不自由者・介護高齢者高齢者傷病者 等

 

 *外観からはわからない障害のある方

  知的障害・認知症精神疾患 等

 

 *医学的配慮が必要な方

  難病、医療患者・傷病者、内部障害者(心臓病の方など) 等

 

 *生活必需品・文化の違いに配慮が必要な方

  女性・乳幼児・高齢者・外国人、旅行者 等

 

 *ペット用持出品

  犬・猫・小鳥 等

 

 

 特に、自分にしか使えない薬 が必要な方 や 自分にしか分からないココロの問題を持つ方 など

 へはさらに 慎重かつ、丁寧な対応が求められます。

  

                   ↑ クリックすると拡大します↑                   


*これからの ひらかた防災学校(ひらはー案)


 さまざまな [専門性] をもつ市民活動団体、行政、社会福祉協議会、企業 など ひらかたの様々な

 セクター・団体が 非常時&平常時のまちづくりに継続的に 力を合わせていく その形


 毎年の『ひらかた防災学校』を通じて、シミュレーション(→ 各コミュニティへの応用)

 を進化させていきます。


 回を重ねるごとに ふるいをかける目を細かくし、今まで なかなか意識することのできなかった

 さまざまな少数派の 現場・現状を把握してきたいと思います。

 

 今年 試験的に設置した [相談デスク] を来年さらに進化させ、

 さまざまなノウハウ&経験をもった各種セクターによるブースにおいて、


 住民(非常時には避難者)のみなさんが持つさまざまな「疑問」や「困りごと」の解消の

 お役に立てるような体制づくりをしていきたいと思っています。


 (イメージ: 就職説明会 や 田舎暮らし説明会のブース) 

 


 

[ ひらかた45校区のコミュニティのみなさんへ ]

 

 

ひらはー は 今後も  防災意識~避難所運営~復興  ⇒  平常時のコミュニティ創り ととらえ、

特に 目に見えいメンタル面のサポート に意識を注いでいきます♪




ある女性と話をしました。

震災後に、ご主人のお仕事の関係で東北に暮らす事になったそう。

彼女の話で印象的だったのは


「どんな避難グッズをリュックに詰め込むよりも、心を落ち着かせることが一番大事。


冷静に判断ができ、正しい避難さえすれば、後はなんとかなります。」

と。(2/22 ひらかた防災学校での ひらはーメンバーからの報告)




① 震災後 ~1ヶ月くらいは 主に 避難所のとりまとめのリーダー格の人々へのサポート

 (自主防災会、学校、コミュニティ役員、ボランティアのみなさん、自治体職員 など)

  ・ご本人自身への メンタルケア(20~30名)

  ・避難者(~300名?)に対するメンタルケアのための ノウハウ&エッセンスの提供

   接し方、声かけの方法、境界線 など

 

② 以降、避難者へのサポートも同時並行にて行う

  ・非常時でも自分のことを 後回しにしすぎて 体調をこわしたり、最悪の場合は生死に

   かかわる場合もある

  ・個別の [メンタルケアルーム] にて ココロの内を受けとめてもらうと共に、避難所で

   の配慮が必要なところを(本人との合意の元)避難所運営側に伝える

 


 

より良いコミュニティ創りの思いをお持ちの役員、並びに住民のみなさん!

是非 平常時のまちづくり、並びに非常時の助け合いの関係性づくり について

共に話し合いませんか? 



防災(小)学校 : 枚方市45校区コミュニティ

枚方45地域コミュニティでの防災イベントに幣団体提供の各種メニューを

取り入れてみませんか?

             ↑ クリックすると拡大します↑ 

 

 

    防災小学校についてのお問合せ&お申込みはこちらから

 

 

    こちらからもご連絡頂けます。 以下までお問合せ下さい。 

 

  info@hiraheart.com 

 

 

 *ご連絡後の 日程&プログラム調整は 

  ひらかた市民活動支援センター 防災・災害支援チーム

  「えん・とも」が担当させて頂くことになります。(担当:重村、上原 ほか)

   どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

   特定非営利活動法人 ひらかた市民活動支援センター

    〒573-0042 大阪府枚方市村野西町5-1 サプリ村野内
    TEL:072-805-3537 FAX:072-805-3532
    Eメール:center@hirakatanpo-c.net